2010年03月15日

Election

日曜日は選挙の投票日。
石川県知事選挙に加え、輪島市は輪島市長選挙も行われたダブル選挙になりました。

石川県知事は選挙管理委員会からの発表待たずして当選確実が打たれ、結果圧倒的勝利となった現職の谷本正憲氏が当選、輪島市長には今回の勝利で4期目となる梶文秋氏が当選しました。



当日は朝7時から夜7時まで選挙事務を行い、終了後からはケーブルテレビの文字速報業務…帰ったのは23時半前でした(^^;



その中でも考えさせられる事がありまして。
夕方、投票所に1人のおばあちゃんがやってきました。

地を這うように腰の曲がったおばあちゃん。
背筋を伸ばせば結構大きなおばあちゃんなのかもしれません。
杖をつきながらやっとやっとの思いで投票所までやってきました。
ひいひい言っています。家に帰る頃にはおそらく真っ暗です。
それでもおばあちゃんは言いました。


「投票しにゃいかんと思って来た」


あの状態なら自分達の世代ならこんなに酷い思いまでして来るものなのかと投票に行かないだろうと思うでしょう。

自分があの状態ならおそらく行かないだろう。

それでも投票しないといけない。

その思いだけで投票所にやってきたおばあちゃん。

ピンピンしている僕ら若い世代が投票に行かないということが恥ずかしい…そう思わせる場面でありました(´Д`)


結構家族連れでも投票にやってきます(・∀・)
小さい子供たちは投票に興味津々で、投票用紙を入れたがっていました。
投票権を持つ頃にはこの気持ちはあるのだろうか…
ぜひこのおばあちゃんを見習って、持っている1票で自分の意思を表して欲しいものです。




次回の選挙は7月の第22回参議院選挙です☆
ラベル:選挙
posted by HORIKEN at 21:30| 石川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。