2004年10月13日

やったぜニッポン!アジア最終予選へ進出

後半7分。
「さあリスタートから、中村。左サイドからセンタリング…ヘディング ゴ〜〜ル!日本先制〜!鈴木のヘッド〜!」


2006年ドイツW杯アジア1次予選Group 3第5戦。相手はアジアでも実力が急成長しているオマーンだ。そしてこの試合勝ちor引き分けで最終予選へ進め、負ければほぼW杯への道が絶たれるというまさに天国か地獄かという試合。僕はテレビの前で選手以上に緊張して、ずっとベッドの上で手を組んで祈る気持ちで見てました。


そして歓喜の瞬間。鈴木は大一番でやってくれました。日韓W杯のベルギー戦くらい感動しましたねえ。その前の俊輔の2段フェイントクロス。最高でした。中澤のハイボールの強さ、田中のゴール前のフォローも光りました。次はとうとうW杯行きのチケットを賭けた最終予選が来年2月から始まります。個人的には韓国も好きなんで、別の組がいいんだけどなあ。
posted by HORIKEN at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/929208

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。